ワキガ

わきがにいいシャワーと石鹸・腋毛の処理方法

シャワーと使う石鹸
ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗と皮脂などの汚れが混ざり合い、細菌が発生することでにおいが出る事が分かっています。
ですから、シャワーを浴びたり脇の下を清潔にすることである程度のワキガ臭は抑えられる事になります。

 

ワキガなどでお悩みの場合は、こまめにシャワーを浴びる事で細菌の発生を軽減させ、においを数時間程度なら抑える事は可能です。
その場合は、皮脂汚れを落とす事が重要ですので、脇の下は石鹸など皮脂汚れを落とすものでよく洗う事が重要です。
できれば汗をかいた時にはこまめなシャワーを利用する方が良いのですが、仕事先や学校など出来ない場合は、汗拭きシートを利用したり、抗菌作用のあるデオドラントクリームを塗っておくのも良いでしょう。

 

毎日心がけたいのは、湯船につかって血行を良くし、垢を落としやすくする事です。
シャワーは出かける前にサッと汚れを落とす程度には有効ですが、体の汚れを落としやすくする一番の方法はお風呂に入るに限ります。
ゆっくりと湯船に入る事で血行が良くなり、シャワーでは落とす事が出来ない毛穴の汚れまで洗う事が可能で、体を洗う前にゆっくりと湯船に入る事で、軽く石鹸で洗うだけでも十分汚れは落ちます。
垢擦りなど過剰に皮脂を取りすぎるのはよくありません。
毛穴の汚れまで良く落ちる、シルクのボディスポンジなどもお勧めです。
石鹸は通常の石鹸でも大丈夫ですが、石鹸カスが残るとそこから殺菌が繁殖する事になるので、すすぎは十分に行いましょう。
体臭を抑える働きのある抗菌作用のあるタイプや、トルマリン配合石鹸、ミョウバンが配合された石鹸などもお勧めです。

 

わき毛の処理について

ワキガはアポクリン汗腺から出る汗と皮脂汚れなどが混ざり合い細菌を発生させる事からにおいが出ますが、この細菌を発生させない為にも脇毛の処理は重要です。
脇の下は挟まれている箇所の為、少量の汗をかいた場合でも汗が蒸発しにくく常に蒸れている箇所なので、脇毛が生えていると更に細菌を繁殖させる好条件となってしまいます。

 

脇毛の処理方法としては、カミソリで剃る、除毛クリーム、毛抜きなどの方法がありますが、脇毛を常に生やさない為にも手軽な方法で行うと良いでしょう。
また、最近では永久脱毛の専門サロンも登場しており、エステとは違い低価格で料金が明確な永久脱毛が可能となっていますから利用してみて下さい。
永久脱毛を行ったからと言って、ワキガの原因となるアポクリン汗腺が無くなるわけでは有りませんが、清潔の面では大変有効で手入れも楽になりますからワキガの人は検討してみましょう。

 

自分でカミソリを使い処理する場合は、健康な皮膚まで削り落とさないよう、入浴時に石鹸を付けて行うようにしましょう。
カミソリで剃ると直ぐに生えてきてしまうので、毛抜きで抜く人がいますが、毛穴に脇毛がめり込む等のトラブルもあるようなので、シンプルで手軽に出来るカミソリなどの方法が良いでしょう。
皮膚を傷めてしまうと、殺菌効果の高いデオドラントクリームなどを塗った時にかぶれる可能性も高く、リスクも大きくなってしまいます。
脱毛クリームなどを利用する場合は、クリームが肌にあうかどうか少量肌に付けて調べてから、脱毛を行うと良いでしょう。

 

 

ワキは刺激に敏感

脇の下の皮膚は非常に薄く刺激には敏感な箇所なので、ワキガ対策に利用する除菌クリームや脱毛方法には注意が必要です。

 

脇毛を処理する事はワキガを予防する事に繋がり、脇の下の細菌繁殖を防ぐ効果が期待できます。
その為、ワキガの人は脱毛を行う事が重要ですが、そのままカミソリなどで剃ってしまうと健康な皮膚までも削り落としてしまいかぶれてしまう原因にもなります。
過剰に刺激を受けた皮膚に、殺菌剤などを塗ってしまうと時にはしみてしまう事もあり、肌の弱い人だけでなくても薬剤にかぶれてしまいます。

 

入浴時によく石鹸を付けてカミソリを使って脱毛することで肌を痛める事は防げますが、肌が過敏な人は永久脱毛も考えてみると良いでしょう。
最近では永久脱毛専用サロンも登場しており、不必要な化粧品を購入させられたり、他のエステコースを勧められるなどの勧誘が少なく、料金も数万円程度と比較的低料金で行う事が出来ます。

 

脇の下の脱毛方法はシンプルで手軽に行える方法が一番で、脱毛の行為自体がストレスとなってしまうようでは、脇の下の処理はおろそかになってしまいがちです。
ワックスや除毛テープなどもありますが、脇の下はデリケートな部分でもありますので、刺激が強いこれらのタイプはあまりお勧めできません。
脇毛の処理は脇の下を清潔に保ちやすい入浴時に行うのが一番良く、細菌が肌に進入することを避け、肌のトラブルも抑える事が可能です。
カミソリで脱毛を行うと、剃り残しなどが起きやすいのですが、毛が生えている反対方向から剃るなど対策を行えばある程度は避けられます。
また、手軽な方法として電気シェーバーを利用する方法もあります。

 

 

香水でにおいをぼかす

欧米人の人はワキガ体質の人が多いと言われていますが、そのにおいをカバーする為に強い香水で覆い隠す方法を取る場合が多いようです。
日本でも古来から香水は利用されてきており、異性をひき付ける目的や、オシャレ目的で利用する事が知られていますが、欧米人のようにワキガをカバーする利用方法はあまり相応しくありません。
元々日本人は体臭やにおいには敏感な種族で、ワキガのにおいと香水のにおいが交じり合ったにおいは異臭となってしまいます。
逆にワキガのにおいを目立たせる可能性もあり、香水を利用する場合はワキガのにおいを消す努力を先に行うほうが良いでしょう。

 

ワキガの人が香水を楽しみたい場合は、体を清潔に保ち細菌の発生を防ぐなどのにおいを出さない工夫を行ってから付けるようにしましょう。
できれば制汗スプレーなどを利用する場合も、においが付いていないタイプを選び、ワキガのにおいを抑える程度に留めておきたいものです。
体臭を押さえた上で利用する場合は、においがきつくないタイプを選び、爽やかなにおいの柑橘系の香水を利用しましょう。
昔から日本人は強い香水には慣れておらず、ごく弱い香りを楽しむ程度だったと言われています。
日本人にはワキガのにおいを香水でごまかすよりは、そのにおいそのものを取り除く事が先決です。
強いにおいは日本人には嫌われる傾向が強く、シャンプーや石鹸などの微量な香りを楽しむ程度でも十分だと言えるでしょう。
女性の場合は、化粧品などや整髪料にも香料が使われている場合があるので、それらとワキガのにおいが混じりあい強烈なにおいになる事も覚えておきましょう

 

 

薬物療法

ワキガを予防するには脇の下の細菌を繁殖させないようにすれば良く、昔からミョウバンやアルコールなどで殺菌作用を行ってきました。
最近では、デオドラントスプレーや、殺菌効果のあるクリームなどが売られていますから、ワキガの予防にはこれらの薬物療法を試してみると良いでしょう。

 

ワキガの原因となる汗を抑える制汗スプレーは、エクリン汗とアポクリン汗の発生自体を抑えるので多汗症やワキガの人には有効です。
また、細菌を抑える殺菌作用のあるタイプも兼用して利用すると、ダブルで作用する為、ワキガの予防に役立ちます。
昔から利用されてきたミョウバンは汗を抑える働きがあり、ミョウバン入の石鹸なども売られています。

 

市販されているワキガ対策の制汗スプレーや殺菌剤は一時的な効果は期待できますが、効果が持続する事が出来ない為こまめな手入れが必要となる場合もあります。
中には1週間程度効果が持続し、入浴しても落ちない殺菌剤も売られていますから、利用者のニーズに合わせて選んでみてください。
これらの薬物療法は、清潔な肌に使用し効果が発揮されるものであるので、入浴後などに行うと良いでしょう。
また、汗をかいた後にシャワーが利用できない場合は、汗ふき取りシートで肌を清潔にしてから行うと、細菌が抑えられて効果が期待できます。
しかし、強いにおいのあるワキガの人にはあまり効果が無い場合もあり、その場合はワキガ手術などが必要な場合もあります。
薬物療法はワキガを予防、軽減する事は可能ですが、においを取り去る事は不可能ですから、体臭を無臭にする事は出来ません。